査定のポイント

実際に買取店にデジタルカメラを査定してもらう際に、どのような点をチェックされるのか教えましょう。まずは外観全般です。外観がどのような状況となっているのか、汚れや傷がないのか確認されます。これは素人でも簡単に分かる部分でしょう。

カメラ次にファインダーの内部です。カメラののぞき穴のことであり、ここが汚れていたり、曇っていることがあります。これはカメラを使うときに大きく影響する部分であり、状態が良いならば査定でプラスの評価をされるでしょう。

次に液晶画面です。こちらは素人にも分かりやすい部分でしょう。画面がきれいになっていれば高い評価をされます。また、液晶画面がきちんと表示されることも大切です。ドット落ちやドット抜けしていることがたまにあるのです。

ミラー室もチェックします。こちらはミラーの部分にカビや汚れがないのかを確認されます。バッテリーやカードを差し込む部分もチェックされます。本体に印字されている文字の状況も確認します。グリップ部分も確認し、そこがベタついていないのか、傷がないのかを確かめられるでしょう。

さらにカメラレンズの方も査定されるでしょう。これら複数のポイントを査定スタッフはチェックして査定価格を決めます。これらがきれいになっていれば高く買取してもらえるでしょう。